青森県、岩手県、秋田県、宮城県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、千葉県、群馬県、長野県、新潟県…
静岡県、山梨県、群馬県、埼玉県、神奈川県、東京都その他の地域でも被災された皆様、共に苦境や恐怖に立ち向かいましょう!
スポンサーサイト
| カテゴリ:- | - | - |

一定期間更新がないため広告を表示しています

広島、福岡、宮崎、鹿児島、原発問題ドキュメンタリー映画「ミツバチの羽音と地球の回転」上映スケジュール
| カテゴリ:放射線・原子力発電所 | comments(0) | trackbacks(0) |
(平成23年4月30日の情報)

東京電力福島第1原発の事故の影響を受け、全国で話題が高まっているドキュメンタリー映画「ミツバチの羽音と地球の回転」(鎌仲ひとみ作)の上映スケジュールです。


2011年5月8()
「ミツバチの羽音と地球の回転」上映会in串良町
★鹿児島県リレー上映会
【会場】
ギャラリーやねだん
鹿児島県鹿屋市串良町上小原4939-6 (地図)
【プログラム】
開場9:30/第1回上映10:00/第2回上映14:00
【参加費】1,000円
【問合せ先】下田/099-473-3487


----------------
2011年5月14()
「ミツバチの羽音と地球の回転」上映会+再生可能エネルギーシンポジウムin福岡市
【会場】
ももちパレス小ホール
福岡県福岡市早良区百道2-3-15 (地図)
【プログラム】開場12:30/上映13:00
【参加費】1,500円(要予約)
【問合せ先】岡/092-738-5040

----------------
2011年5月14()
「ミツバチの羽音と地球の回転」上映会in鹿児島市
★鹿児島県リレー上映会
【会場】
かごしま県民交流センター大研修室4
鹿児島県鹿児島市山下町14-50 (地図)
【プログラム】
・第1回上映10:00
・第2回上映14:00
【参加費】1,000円
【問合せ先】090-3016-0074

----------------
2011年5月15()
「ミツバチの羽音と地球の回転」上映会in三次市
【会場】
三次ふれあい館
広島県三次市三次町1828-5 (地図)
【プログラム】
・第1回10:00
・第2回13:30
・第3回16:20
【参加費】1,000円
【問合せ先】オダケ/0824-63-8042

----------------
2011年5月29()
「ミツバチの羽音と地球の回転」上映会in佐世保
【会場】
佐世保コミュニティセンター

長崎県佐世保市光月町6-17 (地図)
【プログラム】
・第1部…開場13:30、上映14:00
・第2部…開場18:30、上映19:00
【参加費】前売り1000円
【問合せ先】松口/0956-56-3756

----------------
2011年5月29()
「ミツバチの羽音と地球の回転」上映会in鹿屋市
【会場】
リナシティかのや鹿屋市民交流センター

鹿児島県鹿屋市大手町1-1 (地図)
【プログラム】
・第1部…開場9:00、上映10:00
・第2部…開場13:00、上映14:00
【参加費】1,000円
【問合せ先】下田/099-473-3487


----------------
2011年6月4日()
「ミツバチの羽音と地球の回転」上映会in日向市
【会場】
日向市中央公民館

宮崎県日向市中町1-31 (地図)
【プログラム】開場18:30/上映19:00
【参加費】1,000円
【問合せ先】三股/0982-53-6922



ミツバチの羽音と地球の回転オフィシャルサイト


◆内容
瀬戸内海で進む原発計画を通してエネルギー問題を描いた長編ドキュメンタリー映画。

観た方曰く、けっこう泣けるそうです。

環境問題を扱った作品などを多く手がける、監督の鎌仲さんは富山県氷見市出身のフリーの映画監督。

今作は「ヒバクシャ−世界の終わりに」「六ケ所村ラプソディー」に続く3部作の完結編。

山口県上関町の原発建設計画に反対する、同町祝島の住民の姿や脱原発を模索するスウェーデンのエネルギー政策などを描いた2時間15分の作品。

同プロジェクトの片岡輝美さんは「原発を正しく怖がるためのすべを知り、絶望から子供たちの未来への希望を見いだすため、一緒に考えましょう」と呼び掛けています。

あくまでも「反原発を訴える」とか「原発推進派と対立する」という理論抗争だけではなく、論理的に協議し合って、エネルギーの供給問題やリスクについて互いに理解を深めようといった主旨が良いですね。


◆参考

ミツバチ@Official Blog

鎌仲ひとみツイッター

上映スケジュールカレンダー

(動画)映画『ミツバチの羽音と地球の回転』予告編

(動画)ミツバチ通信01『鎌仲ひとみからのメッセージ』

(動画)「ミツバチの羽音と地球の回転」と上関原発問題:鎌仲ひとみ

ハイロアクション 福島原発40年

長野、金沢、山梨、愛知、原発問題ドキュメンタリー映画「ミツバチの羽音と地球の回転」上映スケジュール
| カテゴリ:放射線・原子力発電所 | comments(0) | trackbacks(0) |
(平成23年4月30日の情報)

東京電力福島第1原発の事故の影響を受け、全国で話題が高まっているドキュメンタリー映画「ミツバチの羽音と地球の回転」(鎌仲ひとみ作)の上映スケジュールです。


◆2011年4月23()〜5月11(水)
※5月6(金)休館
【会場】
上田でんき館
長野県上田市中央1-6-13(地図
【上映時間】
10:30〜「ミツバチの羽音と地球の回転」
13:15〜「六ケ所村ラプソディー」
15:45〜「ヒバクシャ〜世界の終わりに〜」
18:30〜「ミツバチの羽音と地球の回転」

※毎上映後に監督からの最新メッセージ映像(5分)付き。

【料金】
・前売り1,000円
・一般1,200円/高大生500円/小中学生無料
(一作品の値段です)

※3本目をご覧の方は受付で300円キャッシュバック
(使用済みチケット2枚が必要)

※前売チケット販売:でんき館/haluta常田店/平安堂書店上田店/安田たばこ店/琴光堂 他
(でんき館を除き、最終日まで販売しています)

【問合せ先】
上田でんき館
0268-23-3357

----------------
2011年5月7()
『ミツバチの羽音と地球の回転』上映会in中野市
【会場】
中野市北部公民館
中野市赤岩1447(
地図
【プログラム】開場18:30/上映19:00
【問合せ先】柴垣/090-9669-4433

中野市公式サイト

----------------
◆2011年5月7()〜5月20(金)
『鎌仲ひとみ監督特集』
【会場】
シネモンド
石川県金沢市香林坊2-1-1(地図
【上映時間】
7()〜13(金) 12:10〜
14()〜20(金) 18:25〜

◎5月9(月)、19(木)は「六ヶ所村ラプソディー」
◎10(火)、18(水)は「ヒバクシャ 世界の終わりに」
◎それ以外は「ミツバチの羽音と地球の回転」を上映

【料金】
・一般 1,500円
・高大学生 1,200円
・シニア/3才〜中学生 1,000円
【問合せ】
シネモンド
076-220-5007
cine-monde

----------------
2011年5月15()
「ミツバチの羽音と地球の回転」上映会+田中良明氏講演in豊橋市
【会場】
豊橋市民文化会館
愛知県豊橋市向山大池町20-1 (地図)
【プログラム】
10:30〜 第1回上映
12:50〜13:20 田中良明氏(愛知大学教授)のお話
14:00〜 第2回上映
16:30〜17:30 田中良明氏のお話と質疑応答
18:00〜 第3回上映
【参加費】1000円/中高生500円
【問合せ先】伊東/080-3073-9003

----------------
2011年5月22日()
「ミツバチの羽音と地球の回転」上映会in北杜市
【会場】
長坂コミュニティホール
山梨県北杜市長坂町長坂上条2575-19 (地図)
【プログラム】
・第1部13:00上映
・第2部16:00上映
・第3部19:00上映
(開場はそれぞれ30分前)
【参加費】
・前売1000円
・当日1200円
・高校生/70歳以上700円
【問合せ先】風路/0551-36-3826



ミツバチの羽音と地球の回転オフィシャルサイト


◆内容
瀬戸内海で進む原発計画を通してエネルギー問題を描いた長編ドキュメンタリー映画。

観た方曰く、けっこう泣けるそうです。

環境問題を扱った作品などを多く手がける、監督の鎌仲さんは富山県氷見市出身のフリーの映画監督。

今作は「ヒバクシャ−世界の終わりに」「六ケ所村ラプソディー」に続く3部作の完結編。

山口県上関町の原発建設計画に反対する、同町祝島の住民の姿や脱原発を模索するスウェーデンのエネルギー政策などを描いた2時間15分の作品。

同プロジェクトの片岡輝美さんは「原発を正しく怖がるためのすべを知り、絶望から子供たちの未来への希望を見いだすため、一緒に考えましょう」と呼び掛けています。

あくまでも「反原発を訴える」とか「原発推進派と対立する」という理論抗争だけではなく、論理的に協議し合って、エネルギーの供給問題やリスクについて互いに理解を深めようといった主旨が良いですね。


◆参考

ミツバチ@Official Blog

鎌仲ひとみツイッター

上映スケジュールカレンダー

(動画)映画『ミツバチの羽音と地球の回転』予告編

(動画)ミツバチ通信01『鎌仲ひとみからのメッセージ』

(動画)「ミツバチの羽音と地球の回転」と上関原発問題:鎌仲ひとみ

ハイロアクション 福島原発40年


兵庫、大阪、京都、原発問題ドキュメンタリー映画「ミツバチの羽音と地球の回転」上映スケジュール
| カテゴリ:放射線・原子力発電所 | comments(0) | trackbacks(0) |
(平成23年4月30日の情報)

東京電力福島第1原発の事故の影響を受け、全国で話題が高まっているドキュメンタリー映画「ミツバチの羽音と地球の回転」の上映スケジュールです。
鎌仲ひとみさん講演の開催予定もあります。


2011年5月5()
「ミツバチの羽音と地球の回転」上映会in西宮
【会場】
ameen's oven

西宮市若松町6-18ヴィラドコアン1F (地図)
【プログラム】
・人力“春の節句もちつき大会”11:00〜14:00
・第1回上映15:00/第2回18:00/第3回21:00
【参加費】
前売り1,200円
当日1,500円
3回目レイトショーは1,000円

【問合せ先】三島/0798-70-8485
ONE OVEN ONE TABLE & ONE LOVE


2011年5月13(金)
「ミツバチの羽音と地球の回転」上映会in神戸
【会場】
ミドリカフェ

神戸市東灘区中町1-7-22 (地図)
【プログラム】開場18:30/上映19:00
【参加】事前予約制 1,800円
(ワンドリンク&「原発に依存しない新エネルギーと共に生きる」をテーマにしたセミナー+講演含む)
【予約】ミドリカフェ /078-412-7214
midori cafe


2011年5月15()
★定員に達したため、予約受付終了しました★
「ミツバチの羽音と地球の回転」上映会+鎌仲監督トークin豊中市
【会場】
財団法人とよなか国際交流協会 会議室

豊中市玉井町1-1-1 エトレ豊中6F (地図)
【プログラム】開場14:30/上映15:00
【参加費】1000円(要予約)
【問合せ先】財団法人とよなか国際交流協会/06-6843-4343
財団法人とよなか国際交流協会
★定員に達したため、予約受付終了しました★


2011年5月15()
「ミツバチの羽音と地球の回転」上映会+鎌仲監督トークin京都市
【会場】
同志社中学校・高等学校 宿志館 魁ホール

京都市左京区岩倉大鷺町89 (地図)
【プログラム】開場9:30/上映10:00
【参加費】1000円(要予約)
【問合せ先】財団法人とよなか国際交流協会 06-6843-4343
同志社大


◆2011年5月28()〜6月10(金)
【会場】
第七藝術劇場
大阪市淀川区十三本町1-7-27
サンポードシティ6F(地図
【プログラム】
(5/28〜6/3)上映10:00〜

(6/4〜6/10)上映17:10〜
【料金】
前売り1,400円
・一般1,700円
・専門・大学生1,400円
・中・高・シニア1,000円
【問合せ先】
第七藝術劇場/06-6302-2073
http://www.nanagei.com/


現在調整中
【会場】
京都シネマ
京都市下京区烏丸通四条下る西側
COCON烏丸3F(地図
【問合せ先】
京都シネマ/075-353-4723
http://www.kyotocinema.jp/


ミツバチの羽音と地球の回転オフィシャルサイト


◆内容
瀬戸内海で進む原発計画を通してエネルギー問題を描いた長編ドキュメンタリー映画。

観た方曰く、けっこう泣けるそうです。

環境問題を扱った作品などを多く手がける、監督の鎌仲さんは富山県氷見市出身のフリーの映画監督。

今作は「ヒバクシャ−世界の終わりに」「六ケ所村ラプソディー」に続く3部作の完結編。

山口県上関町の原発建設計画に反対する、同町祝島の住民の姿や脱原発を模索するスウェーデンのエネルギー政策などを描いた2時間15分の作品。

同プロジェクトの片岡輝美さんは「原発を正しく怖がるためのすべを知り、絶望から子供たちの未来への希望を見いだすため、一緒に考えましょう」と呼び掛けています。

あくまでも「反原発を訴える」とか「原発推進派と対立する」という理論抗争だけではなく、論理的に協議し合って、エネルギーの供給問題やリスクについて互いに理解を深めようといった主旨が良いですね。


◆参考

ミツバチ@Official Blog

鎌仲ひとみツイッター

上映スケジュールカレンダー

(動画)映画『ミツバチの羽音と地球の回転』予告編

(動画)ミツバチ通信01『鎌仲ひとみからのメッセージ』

(動画)「ミツバチの羽音と地球の回転」と上関原発問題:鎌仲ひとみ

ハイロアクション 福島原発40年


東京、横浜、埼玉、原発問題ドキュメンタリー映画「ミツバチの羽音と地球の回転」上映スケジュール
| カテゴリ:放射線・原子力発電所 | comments(0) | trackbacks(0) |
(平成23年4月30日の情報)

東京電力福島第1原発の事故の影響を受け、全国で話題が高まっているドキュメンタリー映画「ミツバチの羽音と地球の回転」の上映スケジュールです。
鎌仲ひとみさん講演の開催予定もあります。


◆2011年5月3()
「ミツバチの羽音と地球の回転」上映会in江戸川区
〜震災被災者支援チャリティ上映会メイシネマ祭 '11

【会場】
小岩コミュニティホール
江戸川区東小岩6-15-2 (地図)
【プログラム】開場17:00/上映17:30
【参加費】1回
大人・大・高生 1,000円(内義援金200円)
小・中学生 500円(内義援金100円)
【問合せ先】藤崎/03-3659-0179

小岩コミュニティホール



◆2011年5月7()
「ミツバチの羽音と地球の回転」上映会+鎌仲監督トークin蕨
【プログラム】
蕨市立中央公民館1F集会室
蕨市中央4-21-29 (地図)
午後2時30分〜上映
午後5時45分〜監督講演

蕨市立文化ホール くるる
蕨市中央1-23-8
(地図)
午後7時〜上映
【参加費】1,000円
【問合せ先】仲内/048-444-3176
★一回目上映の参加者も「くるる」に移動していただければ、鎌仲監督トークに無料で参加できます。

蕨市立文化ホール くるる


◆2011年5月7()〜5月27(金)
「ミツバチの羽音と地球の回転」上映in横浜
【会場】
シネマ・ジャック&ベティ
横浜市中区若葉町3-51 (地図)
【プログラム】
5月7()14:25〜16:45
5月8()12:55〜15:15 ★上映後トーク有
5月9(月)〜5月13(金) 14:25〜16:45
5月14()〜5月20(金) 14:55〜17:15
5月21()〜5月27(金)(近日決定)
★5月8()12:55回「ミツバチの羽音と〜」をご覧のお客様はそのまま15:25〜の「鎌仲ひとみ監督講演」に参加できます。
【料金】
・一般1700円
・大専1400円
・高校以下・シニア1000円

【問合せ先】
シネマ・ジャック&ベティ/045-241-5460
http://www.jackandbetty.net/


2011年5月20(金)
「ミツバチの羽音と地球の回転」上映会in葉山
【会場】
葉山町福祉文化会館大会議室

三浦郡葉山町堀内2220 (地図)
【プログラム】開場18:00/上映18:30
【参加費】大人1500円/中高生1000円/小学生以下500円
【問合せ先】タニグチ/046-876-6776
葉山町福祉文化会館大会議室


◆2011年5月21()
「ミツバチの羽音と地球の回転」上映会in東久留米 〜前売券販売中
【会場】
成美教育文化会館成美グリーンホール
東久留米市東本町8-14 (地図)
【プログラム】
午前の部…9:30開場、10:00上映
午後の部…12:45開場、13:15上映
【参加費】
前売り…大人1000円、中学生以下500円
当日…大人1200円、中学生以下700円
/うち200円を福島県へ寄付
【問合せ先】
志藤/090-9151-9186
【前売券販売】
かくしち/0424-76-8050
東久留米市役所・1F窓口
東久留米南部地域センター
東久留米東部地域センター
東久留米西武地域センター
成美教育文化会館成美グリーンホール


2011年5月29()
「ミツバチの羽音と地球の回転」上映会in深川
【会場】
江東区古石場文化センター
江東区古石場2-13-2 (地図)
【プログラム】開場18:00/上映18:20
【参加費】1000円
【問合せ先】戸井田/03-3642-8224
江東区古石場文化センター


◆2011年5月29()
「ミツバチの羽音と地球の回転」チャリティー上映会in青山
【会場】
東京ウィメンズプラザ視聴視覚
渋谷区神宮前5-53-67 (地図)
【プログラム】開場13:00/上映13:30
【参加費】1,500円(震災復興支援金として経費以外はチャリティー)
【問合せ先】和田/090-5584-5456
東京ウィメンズプラザ


ミツバチの羽音と地球の回転オフィシャルサイト

◆内容
瀬戸内海で進む原発計画を通してエネルギー問題を描いた長編ドキュメンタリー映画。

観た方曰く、けっこう泣けるそうです。

環境問題を扱った作品などを多く手がける、監督の鎌仲さんは富山県氷見市出身のフリーの映画監督。

今作は「ヒバクシャ−世界の終わりに」「六ケ所村ラプソディー」に続く3部作の完結編。

山口県上関町の原発建設計画に反対する、同町祝島の住民の姿や脱原発を模索するスウェーデンのエネルギー政策などを描いた2時間15分の作品。

同プロジェクトの片岡輝美さんは「原発を正しく怖がるためのすべを知り、絶望から子供たちの未来への希望を見いだすため、一緒に考えましょう」と呼び掛けています。

あくまでも「反原発を訴える」とか「原発推進派と対立する」という理論抗争だけではなく、論理的に協議し合って、エネルギーの供給問題やリスクについて互いに理解を深めようといった主旨が良いですね。


会津若松市、原発問題ドキュメンタリー映画「ミツバチの羽音と地球の回転」上映会と鎌仲ひとみさんのトークライブ
| カテゴリ:放射線・原子力発電所 | comments(2) | trackbacks(0) |
(平成23年4月30日の情報)

東京電力福島第1原発の事故の影響を受け、全国で話題が高まっているドキュメンタリー映画「ミツバチの羽音と地球の回転」緊急上映会&監督「鎌仲ひとみさん」の講演が会津若松で開かれます。


◆上映日
平成23年5月3()


◆時間
第1回上映 午後1時30分〜4時
第2回上映 午後5時〜7時30分
監督トーク 午後7時30分〜8時30分


◆入場料金
・高校生以上 1,000円
・小中学生 500円


◆会場
若松栄町教会
会津若松市西栄町8-36 地図


◆内容
瀬戸内海で進む原発計画を通してエネルギー問題を描いた長編ドキュメンタリー映画。

観た方曰く、けっこう泣けるそうです。

環境問題を扱った作品などを多く手がける、監督の鎌仲さんは富山県氷見市出身のフリーの映画監督。

今作は「ヒバクシャ−世界の終わりに」「六ケ所村ラプソディー」に続く3部作の完結編。

山口県上関町の原発建設計画に反対する、同町祝島の住民の姿や脱原発を模索するスウェーデンのエネルギー政策などを描いた2時間15分の作品。

同プロジェクトの片岡輝美さんは「原発を正しく怖がるためのすべを知り、絶望から子供たちの未来への希望を見いだすため、一緒に考えましょう」と呼び掛けています。

「反原発を訴える」とか「原発推進派と対立する」という理論抗争だけではなく、あくまでも論理的に協議し合って、エネルギーの供給問題やリスクについて互いに理解を深めようといった主旨が共感できますね。


◆主催
平和団体「ピースウォークプロジェクト」

【問合せ】
片岡さん
電話:090-7567-6588

ミツバチの羽音と地球の回転オフィシャルサイト


「年間20ミリシーベルト」この数値を福島県の乳児、幼児、小学生に求めるのは受け入れ難い
| カテゴリ:放射線・原子力発電所 | comments(0) | trackbacks(0) |
(平成23年4月29日の情報)


内閣官房参与・小佐古敏荘(こさことしそう)教授(61歳)の、言葉に詰まった涙ながらの辞任会見です。

とても身につまされた印象を受ける会見です。

放射線安全学の専門家が苦しそうに「政府の原発対応や考え方は、ヒューマニズムに反する・・・」

氏の、この会見に写る言動一つ一つの切実さが、私にも痛切に感じることができました。



小佐古内閣官房参与が辞任表明動画



―「政府は法律などを軽視し、その場限りの対応で事態収束を遅らせている」

ー「もぐらたたき的、場当たり的な政策決定を官邸と行政機関が取り、手続きを無視している」

―「放出源情報の決定が困難であることを前提にした定めがあるが、手順通りに運用されていない」

ー「年間20ミリシーベルト近い被ばくをする人は原子力発電所の放射線業務従事者でも極めて少ない。この数値を乳児、幼児、小学生に求めることは学問上の見地からのみならず、私のヒューマニズムからしても受け入れがたい」

ー「厳しい状況を反映して、限度の500ミリシーベルトに再引き上げする議論も始まっている」

ー「容認すれば私の学者生命は終わり。自分の子どもをそういう目に遭わせたくない」



この小佐古さんというのは、東京大学教授ですよね。

東大といえば、東京電力から講座寄付金を年5億円以上受け取っている(らしい)、とても友好的な間柄のはず。

客観的にみて、立場的には東電派なわけです。

だからこそ官邸にご意見番として選ばれたのであろうし、まさか、政府に反意見してくるとは思ってもいなかったんでしょうね。

そんな彼が、ここまで切実に語り、辞任するというのは、余程ことではないでしょうか。



政府や現首相のことだから、小佐古氏の辞任やコメントについても、のらりくらりと上手い言い訳するんでしょうけど、これ以上って、もうヤバくないっすか?

小佐古氏の意見って、決して大袈裟な意見をしているとは思えないんだけど、なぜ尊重できないんでしょうか。

放射線安全学専門家の意見が慎重で大袈裟すぎるのか、それとも、用心をして避難範囲を広げ、警戒を強めることができない理由があるのか。



理由はいっぱいあるね、想像の範囲だけでも。

一時「レベル7の評価について」の日本政府の反対意見が頻繁に流れてたけど、あれは、諸外国に対しする体裁や国益を保持するための、苦し紛れな言い訳のようだった。

でも、初めて経験するこの事態に、レベル7だろうが、レベル5だろうが、精神的不安は変わりないし、むしろ「不安レベル10」なわけですよ、国民は!

だから、これはチェルノブイリとは違うとか、あそこまで酷くないとか、いくら弁明しても、何にもフォローにはならない。



いずれにせよ、私には今の閉鎖的で排他的な日本政府が、独裁的な政権に見えてます。

そんな国民からの支持が薄い人達が、国民の命や人生を左右する選択権を持っている現状。

免許取りたての初心者の助手席に乗って、300劼らいのスピードを出されているような気分ですわ。

一生懸命やってるとか、すべて正当のような答弁をしてるけど、国民が何をしてほしいのか、政府や首相はきっとわかって無いんだよね。



これって、デモや抗議とかのレベルで片付くことじゃないような気がします。

リビアやナイジェリアじゃないけど、こうなったら力ずくでも現政権を解散してもらうほかないのでしょうか?

他国にお願いして、独創的な政府の暴走を止めてもらうしかないのでしょうか?



実際問題、心配だからといって原発50辧■僑悪匏の人達が、避難行動や登校拒否をしても、国は補償をしないでしょうし、県も市も、自主的な避難としか認めないことで、結局、留まらざるを得ない現状。

でも、心の中は不安で一杯だし、できることならば、安全地帯に避難したいのが、本心ではないでしょうか。

今回起こっていることは、世界的にも例の無いことであって、無根な安全数値をもとにした、独創的で不明確な指示でしかないことは、誰もが知ってるし、水素爆発の時のように、事後報告されても意味がないよね。

いっそうのこと、福島の小学生が一斉に登校を拒否でもしない限り、事態は動かないのでしょうか。


関連記事 毎日JPAsahi.com時事ドットコムサーチナ読売日経新聞Yahoo!さきがけ北海道西日本福島民報

工業製品、残留放射線に関する相談窓口・測定依頼
| カテゴリ:放射線・原子力発電所 | comments(0) | trackbacks(0) |
(平成23年4月24日の情報)

工業製品の残留放射線に関する相談と測定依頼を受け付ける窓口です。
各機関により測定依頼方法が違いますので、ご確認下さい。

福島県内の企業

福島県ハイテクプラザ
期間:平成23年4月4日〜

直通電話:024-959-1739

〒963-0215
郡山市待池台1丁目12番地 地図

電話:024-959-1741
FAX:024-959-1761

ホームページ

メール
(一般的な連絡) info@fukushima-iri.jp 

(技術相談) Web相談窓口


ハイテクプラザいわき技術支援センター
期間:平成23年4月4日〜

〒972-8312
いわき市常磐下船尾町杭出作23-32 地図

電話:0246-44-1475
FAX:0246-43-6958

ホームページ

※留意事項は、測定機がGMサーベイメータ(ALOKA製TGS-133)である点以外は「福島県ハイテクプラザ」と同じです。


いわき市環境監視センター
期間:平成23年4月25日〜

〒971-8111
いわき市小名浜大原字六反田22番地 地図

直通電話:0246 (54) 1585
FAX:0246 (54) 5462

ホームページ


宮城県内の企業

宮城県産業技術総合センター
期間:平成23年4月18日〜

〒981-3206
宮城県仙台市泉区明通2-2 地図

機械電子情報技術部 デバイス技術開発班
直通電話:022-377-8700
FAX:022-377-8712

ホームページ


岩手県内の企業

岩手県工業技術センター
期間:平成23年4月18日〜9月30日

〒020-0852
岩手県盛岡市飯岡新田3-35-2 地図

測定担当
直通電話:019-635-1115
FAX:019-635-0311

ホームページ


山形県内の企業

山形県工業技術センター
期間:平成23年4月18日〜

〒990-2473
山形県山形市松栄二丁目2-1 地図

企画調整室
直通電話:023-644-3230
FAX:023-644-3228

ホームページ


秋田県内の企業

秋田県産業技術センター
期間:平成23年4月20日〜

〒010-1623
秋田県秋田市新屋町字砂奴寄4-11 地図

技術イノベーション部
直通電話:018-862-3420
FAX:018-865-3949

ホームページ


栃木県内の企業

栃木県産業技術センター
期間:平成23年4月20日〜

〒321-3224 宇都宮市刈沼町367-1
とちぎ産業創造プラザ内 地図

技術交流部
直通電話:028-670-3391
FAX:028-667-9430

ホームページ


群馬県内の企業

群馬産業技術センター
期間:平成23年4月22日〜

〒379-2147
群馬県前橋市亀里町884番地1 地図

企画管理係
直通電話:027-290-3030
FAX:027-290-3040

ホームページ


埼玉県内の企業

埼玉県産業技術総合センター
期間:平成23年5月中旬を予定

〒333-0844
埼玉県川口市上青木3-12-18
(SKIPシティ内)地図

技術革新支援室
直通電話:048-265-1311
FAX:048-265-1334

ホームページ



日本環境株式会社
〒230-0051
横浜市鶴見区鶴見中央3丁目12番31号 地図

横浜営業課
直通電話:045-501-8271
FAX:045-502-0437

ホームページ


東京都内の企業

東京都立産業技術研究センター
期間:平成23年4月15日〜

時間:平日 午前9時〜午後5時

〒115-8586
東京都北区西が丘3-13-10 地図

西ヶ丘本部
直通電話:03-3909-2185
FAX:03-3909-2590

ホームページ



被ばく健康、放射線影響、原子力事故関連の相談・問合せ電話窓口
| カテゴリ:放射線・原子力発電所 | comments(0) | trackbacks(0) |
経済産業省原子力安全・保安院 原子力安全広報課相談窓口
※こちらは原発事故関連のみです。
電話 03-3501-1505
電話 03-3501-5890
(24時間対応)

原子力安全・保安院原発関連サイトパソコン

日本原子力研究開発機構 健康相談ホットライン
※こちらは医療健康相談のみです。
電話 0210-755-199
(毎日 午前9時〜午後9時 )

日本原子力研究開発機構ホームページパソコン

放射線医学総合研究所 放射線被ばく健康相談窓口
※こちらは4月11日から番号が変わりました。(旧番号0120-755-199)
※被ばく健康相談のみです。
電話 043-290-4003
(毎日 午前9時〜午後9時)

放射線医学総合研究所ホームページ

福島県 放射線、原発事故に関する相談窓口
電話 024-521-8127
24時間受付

福島県ホームページパソコン


低レベル汚染廃液、海に放出、政府了承 4/4(月)
| カテゴリ:放射線・原子力発電所 | comments(0) | trackbacks(0) |
4月4日午後、枝野官房長官は午後の記者会見で、福島第一原子力発電所の事故で、一部の施設にたまっている低いレベルの放射性物質に汚染された水について、東京電力がやむをえず海に放出することを政府として了承したことを明らかにしました。

続きを読む >>
福島原発事故、廃炉にするということ
| カテゴリ:放射線・原子力発電所 | comments(0) | trackbacks(0) |
3月30日(水)午後3時、今回の福島原発事故以来初めて東京電力勝俣恒久会長が記者会見し、今回の事故についての陳謝をするとともに、福島第一原発の1号機から4号機については廃炉にせざるをえないという方向性を明らかにしました。
東電勝俣会長の会見内容は消さないために<続きを見る>に保管。

やはり私も思ったのは、3月18日頃から「廃炉」という言葉が出ていたにもかかわらず、なぜ今まで復旧を目指してきたのか?
一番はやはりチェルノブイリ原発事故という前例から見えてくる、巨額の廃炉コストと周辺数十キロにわたる周辺住民の生活場所を奪ってしまうこと、そして今後数十年下手すれば百年以上に及ぶ放射能の浄化
こちらにとても詳しい説明がありました。
原子力発電所の廃炉コスト http://www.ne.jp/asahi/ma/ru/
good_my_mail_friendsさん

EVA動きはしないものの、まるで、暴走モードの制御不能な初号機とでもいいますか・・・


人が近寄れない巨神兵とでもいいますか・・・
いづれにせよ恐るべき代物。
giant got SoldierWholesome!な毎日
f-kafkappaの日記〜緑と青の風にのって〜

つくづく今の原発事故がアニメの世界であればと思うのですが、どれだけ悔しがっても福島第一原発は現実のようです。

一応の安定性は保ててる」…?
って、どこをどう見て、いつまでそう言えるんだろうか。
私はこれまでの東京電力の会見は、どうしても操られたピエロにしか見えない。
東電だけが表面上で汚れを被っている(?)ような、東電だけがメディアや国民の標的にされている(?)ような物事の運びが、どうも解せない。

現地で作業中の東電社員の電話インタビュー(30日)のコメントが尋常じゃなかったり。
アメリカ・フランスを交えた共同原子力対策本部を今頃ようやく官邸に準備してたり(30日)。

どの程度の、どのレベルがこの政府原保院JAIFたちにとって「ヤバい状態」なんだろか?
農漁業には大打撃を与え、海外からは輸出規制が掛けられたりと、福島、東北だけじゃなく、日本中が苦しんでいるというのに、なんて悠長なんだろう。

これまで日本だけで回避できると思っていたのは、極表層的な人間とメディアでしか情報の得れない我々庶民だけなんじゃないのか?
そうせざるを得ないシガラミを感じるのは私だけだろうか?
それでも推し進める日本、原子力開発 in ベトナム
実際に現場に居る作業員の声、関連企業と名伏せされた○電○の意見、現場の状況などもっと知りたいし、国民に向け明らかにすべきだと思う。
原発がどんなものか知ってほしい 平井憲夫
福島原発の「廃炉」を求める有志の会 ※私は署名してません。氏名住所の記載は自己責任で行って下さい。 携帯版

とにかく前例チェルノブイリから知りえることは、私達はこれから、おそらく一生、この暴走機の完全鎮圧と浄化や後処理と付き合っていかなければならないという現実。
何より、同郷の福島県民でもある周辺住民の方々が、自分たちが直接利用していたわけでもない原子力発電所事故のせいで住処を追われ避難先では居場所を奪われ、そして原発エネルギーをフル利用してきた人間に「福島県民というだけで疎外されている」という実情が悔しい。

原子力エネルギーを利用してきた私達はこれから、この原発エネルギーをどう保持するのか、どう付き合っていくのか、深く考えなきゃならない!
続きを読む >>

サイト内検索
「I love you & I need you ふくしま」猪苗代湖ズ
ボランティアプラットフォーム
必要物資・支援要求マップ 311HELP.com
物資支援アゲマス
震災ホームステイ
妊娠・出産・育児サイト ベビカム
震災ホームステイ
震災ホームステイ

 
akabe